管理栄養士レポート

管理栄養士レポート

管理栄養士

西田 悠

プロフィール

管理栄養士・フードコーディネーター。料理教室アシスタント、食品メーカー、急性期病院、大学学食で勤務の後、妊娠を機に退職。科学的根拠を持つ料理の研究など、食に対する興味は尽きない。現在、管理栄養士ライターとしてコラムや商品コメントなど幅広く活躍中。

お粥生活のススメ

日本の食生活の欧米化や、食品流通の発達により、日本は飽食の時代の真っただ中にいますよね。
ストレス解消のご褒美外食に、お付き合いでの飲み会など、気づけば毎日のように高カロリーの食事をとっている方も多いかと思います。
しかし、そんな毎日を過ごしていると『体がダルイ、胃が重たい、太り気味、便秘、肌のカサつき』 などの様々なトラブルが体の不調を訴えてきているのではないでしょうか。
  そんな方におススメしたいのが【お粥生活】です。
毎日の食事にお粥を取り入れていただくだけというお手軽な方法です。お粥は消化吸収もよく、ごはんやパンよりも低カロリーですので、やや食べ過ぎで胃に負担をかけがちな現代人にはとてもよい食事を言えるでしょう。

『玄米粥』をおすすめするワケ

お粥の中でもこちらの『玄米粥』は特におススメしたい商品です。玄米を使うことによって、現代人に不足しがちな栄養素である必須アミノ酸や不溶性食物繊維をしっかりとる事ができます。さらには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていることもうれしいポイントですね。
種類も『くまもと玄米粥』、『くまもと三目粥』、『くまもと卵粥』の3種類がありますので、毎日いただいても飽きることがありません。量もたっぷり250g入っており、しっかりとした満足感を感じていただけます。それなのにカロリーは100kcal前後という驚きの低カロリー!白いごはんが100g当たり168kcalなので、いかに低カロリーかということがお分かりいただけるかと思います。

実際に試食させていただきました。

こちらの『くまもと玄米粥』、『くまもと三目粥』、『くまもと卵粥』の3種類を実際に試食させていただきました。
わたしはお昼ご飯にいただいたのですが、驚いたのはお粥のおいしさです。これまでのお粥のイメージが覆されてしまうほどの深みのあるお味です。お米や卵も厳選されたものを使用されているのでこんなにおいしいのでしょう。ほんのりとした塩味や、出し汁の旨みがしみわたり、体が喜んでいることがよく分かります。しかも驚くべきは体の変化です。実はひどい便秘症なのですが、こちらをいただいてからとても調子がよくなりました。さらには肌のかさつきもおさまり、艶やかなお肌になっていったのには本当に驚きました!

現代人の悩める体の救世主、『玄米粥』。本当におススメです。
みなさんもこちらの『玄米粥』でお粥生活を始めてみてはいかがでしょうか。

レポート一覧